重要なお知らせ

新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言が一部解除されたことを踏まえ、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の事務所では初回面談法律相談の受付を再開いたしました。引き続き感染予防対策を実施して参ります。詳しくはこちらを覧ください。
【当事務所の感染防止対策はこちらをご覧ください】
法律相談専用ダイヤル
052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

残業代請求専門サイトを見たと
お伝えいただくと受付がスムーズです

052-212-5275
電話をかける

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

法律相談専用ダイヤル
052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

ケーススタディ

職種・雇用形態別
残業代について

職種や制度ごとの労働時間や、残業代の扱い・問題点を解説いたします。
実際は解説通りでない場面も多々ありますので、何か気がかりなことがあれば、弁護士にご相談いただくことをおすすめします。

[ 職業別 ]

運送業(ドライバー)

運送業(ドライバー)

デスクワーク中心の一般のサラリーマンと比べて、労働時間を把握しにくいトラックドライバーの労働時間について。

営業職

営業職

出張や外回り営業が中心で普段営業所にいない、労働時間を把握しにくい営業職の労働時間について。

美容師

美容師

店舗営業時間が終わった後、技術を習得するための練習時間、残業扱いになるのでしょうか。

コンビニオーナー

コンビニオーナー

一般的には独立した自営業者であるコンビニエンスストアのオーナー。残業代の扱い自体あるのでしょうか。

塾講師

塾講師

授業のコマ数で給与が計算される場合が多い塾の講師。授業時間だけが、労働時間の対象なのでしょうか。

警備員

警備員

実際の勤務以外に、制服に着替える時間、朝礼に出ている時間等は、労働時間になるのでしょうか。

観光バスの運転手

観光バスの運転手

乗客が降車し業務を終えた後の待機時間は労働時間になるのでしょうか。

教員

教員

昨今、労働時間の長時間化が問題されている教員。部活動時間は労働時間になるのでしょうか。